MRファーマシスト

全国のMR経験薬剤師が作る転職応援サイト

薬局経営に関するレポート配布中!

薬剤師も営業スキルは必要??

薬剤師も営業スキルは必要?

今回の表題「薬剤師も営業スキルは必要」と聞いて、どのくらいの現役薬剤師が共感して頂けるでしょうか?
表題の投げかけがストレートすぎて、薬剤師は医療人であって営業マンではないっっ!!
というご意見を多く頂きそうです・・・(>_<)

しかし、何かしら日々の業務から共感して頂く方も中にはいるのではないでしょうか?

営業という言葉・・・ あなたはどういうイメージを持ちますか??

仕事上、身近な存在は薬剤師にとってMR、MSさんでしょうか。

私も学生時代、就職について考えていた時に、
「自分はお酒が飲めて、人との付き合いも好きやし営業向きやから、薬局じゃなくてMRを目指そうかな~」なんて言ってた記憶があります。

どうしても営業という言葉が先走りし、ノルマが大変そう~とか
人づきあいで精神的にもしんどそう~というイメージが先行してしまいます。

私は新人MR時代に、成績もよくて人間としても尊敬していた先輩に

「営業って何をすることか答えられる???」

と聞かれてはっきりと答えられませんでした。そんな時に教えて頂いたことがあります

営業とは、、、、、

相手を思いやれる心

相手を最大限尊重する心 

端的にいうと「心配り」を通して「買いたい」と思ってくれる顧客に対して直接販売をする活動だと。

その頃は社会人としても、営業経験としても少なく、漠然と「心配り」という言葉がいい言葉だなぁぁ
と共感した記憶があります
(今の時代、下心みえみえの営業は評価されません・・・)

薬剤師の日々の業務と照らしあわせて、当てはまることはないでしょうか??

私自身、現在、薬剤師として働いていますが、MR時代の経験や考え方が非常に役に立つことがたくさんあり薬剤師も営業スキルが必要だなぁと感じるときがたくさんあります。

薬剤師にとって、相手とは「患者さん」です。

自分のお店に処方せんを持ってきてくれた患者さんに、多くの先生方が「心配り」をされているでしょう。
先生方の「心配り」のすべての集まりが、世間における薬剤師の評価に繋がっていくと思うのです。

薬剤師=営業ではないと思いますが、患者さんが来てくれるのが当たり前の時代はいずれ終わっていくかもしれません。

将来、そうならないためにも、日々の業務の中で一つでも多い「心配り」を増やしていきませんか?

その行動が医療に必要とされるホスピタリティ力(いわゆる『お・も・て・な・し♪』です。)を高めることに繋がります。

このコラムを呼んでいただいた方の薬局すべてが、よりホスピタリティマインドの高いお店になっていくように一緒に頑張っていきましょう!!!(すでに実践されている薬局も多いと思いますが!!!)

そして現役MRの方にとっては、今までの経験が薬剤師になっても大いに役に立ちますので、是非ともその力を使っていただきたいと思っています。

投稿者について

いちえ薬局 代表取締役当サイト管理人加納 裕介
製薬会社のMRとして8年勤務した後、2010年に薬剤師に転職。
2015年4月 株式会社ケイファーマ 代表取締役に就任。
現在は滋賀県近江八幡市の『いちえ薬局』を経営し、地域医療に奮闘!

今までに培ってきた経験を生かし、MR・薬剤師業界に新しい風を起こしたいと妄想中!!このサイトを立ち上げた管理人でもあります。
【管理人の転職ストーリーはコチラ】

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

お金の教養講座

【第20回】貧困の【トンネリング】から脱出する方法

【第20回】貧困の【トンネリング】から脱出する方法

第16回より、シリーズで戦前の大富豪本多静六の著書 『私の財産告白』 に焦点を当てながら お金とは?ということについて考えています。   過去2回は、本多がなぜお金持ちになろうとしたのか、 その理由が 「貧すれば鈍するから」 であ...
More

MRの質を上げる影響言語

これでクロージングが強くなる!MRが『決断する判断軸』を見抜くこと

これでクロージングが強くなる!MRが『決断する判断軸』を見抜くこと

このセッションを開いて頂きありがとうございます。 MRとしての質を上げる!「影響言語」の使い手   Nです。   前回の 「周りの先生が使い出したら使う」 と言う顧客対応について 多くの反響いただきありがとうございます。...
More
Return Top