MRファーマシスト

全国のMR経験薬剤師が作る転職応援サイト

薬局経営に関するレポート配布中!

「行動ファイナンスを前提とした投資」を勧める理由 前編【保有効果】

MR・薬剤師限定

薬局経営のすべてが知れる無料メルマガ

ブラックボックス化された薬局経営の中身をすべて知りたくないですか?
500人以上へ10日間毎日配信。多くの方から届く感謝の声・・・
真実を書きすぎてブログでは公開できない内容をお届けしています。

 

リベラルアーツ360

 

 行動ファイナンスを前提に??

疑問 ?

私は連載初回より、投資大国アメリカの
投資の教科書が推薦する

「行動ファイナンスを前提とした投資」

を一人でも多くの方に伝えたい思いで連載を始めました。

今回はその核心となる話です。

そう、
「行動ファイナンスを前提に」
…って一体どういうこと?
についてです。

【フレーミング効果】で答えが変わる不思議

フレーム

さて問題です。

①あなたは次のうちどちらがいいですか?

1万円、必ずもらえる
ジャンケンで勝ったら2万円もらえる。負けたら0円。

 

どちらですか?大抵の人は、
必ずもらえるを選びます。
(Ⓑが好きな人も、中にはいるでしょうけれどね)

この時の心理状態を
ヒューマン・Mファ君に解説してもらいましょう。

ヒューマン・Mファ君のつぶやき・・・

「うーん、だって、1万円、
とりあえず必ずもらえた方がいいじゃない

大きな得はしないけど、損もない。
人生そこそこがいいってものよ。

ジャンケンで負けて0円なのは、
出来たら一番避けたいよね」

 

ちなみに、この理論のことを
【期待効用理論】と言います。
(くじの効用水準の期待値が高い方を選ぶことで
リスク回避する理論)

 

次の問題です。

②あなたは2万円持っています。次のうちどちらがいいですか?

1万円、必ず没収。
ジャンケンで負けたら2万円没収。
勝ったら2万円持っていてよい。

 

この質問になると、を選ぶ人が多くなります。

この時の心理状態は…。

 

「えー、1万円、必ず取られるのかあ。
それはちょっと惜しいよなア・・・。

せっかく2万円もっているんだから、
出来たらこれを死守したいってのが、人間じゃない?

どうせ損するなら、
一か八か、ジャンケンして、
勝って2万円持っていたほうがお得だよね。」

 

あなたもこの気持ち、両方分かりますよね。

でもこの考え方、実はちょっとヘンなのです。

①②の質問、両方よーく見てください。

実は、この質問、同じことを尋ねているのです。

必ず1万円の所持金になる。
50%の確率で、2万円か0円になる。

ほら、そうでしょう?

単に、尋ね方を変えているだけです。

 

それなのに、前提条件を変えただけで、

リスクをとったり()、
取らなかったりする()。

これって、変ですよね。

 

合理的に考えて意思決定をするなら、
同じ内容なのだから、どのように伝えても
その人の意思決定を左右することがないはずです。

 

ね?そうですよね、アンドロイド・エコン。

アンドロイド・エコン

トウゼンデス。ワタシナラ ドチラモデスネ。

 

なのに、聞き方によって

ヒューマン・Mファ君は
になったりになったりしたのです。

この、伝え方の枠組み(フレーミング)
によって考え方が変わることを、

【フレーミング効果】
と言います。

(推論メカニズムにとって、
同一の内容の情報が伝達の際の
フレーミングの違いによって
意思決定に影響すること)

【保有効果】は太古の狩猟民族の呪い!?

原始人

そして、ここで大事なのが、人間に本来備わっている2つの心理傾向です。

前編の今回はそのうちの一つ
【保有効果】(一度手にしたら手放したくない)と
について、お話しします。

 

②のように、ひとたび人間はモノを所有してしまうと、

「なんだかとっても大切なモノ♪」

プレゼント持つ

と認識してしまう心理的傾向があります。

これが、【保有効果】です。

だから、②では、

「一度手にした2万円。
何としてでも死守したい!

と思ったのですね。

 

この【保有効果】実
とっても恐ろしい魔法
です。

なぜなら、
自分からなら買わないような
大して欲しいものでもない物でも、

ひとたび「持ってしまった」がために、

「なんだかとっても大切なモノ♪」
プレゼント持つ

にすり替わってしまうからです!

 

この【保有効果】を実験したのが、
2017年にノーベル経済学賞を受賞した

01

リチャード・セイラー氏
なのです。(詳しくは、コラム3回目

 

セイラー氏は、大学のロゴマーク入りマグカップという

大して欲しいものでもない物

(うちの薬大生協にもありました!(笑)
大学ロゴマーク入りのノートやペン。
買わずに卒業しましたが…。)

を学生にプレゼントして、聞きました。

「あなたなら、何ドルで売りますか?」

 

また、マグカップをもっていない学生に

「あなたなら、何ドルで買いたいですか?」

との質問をしました。

すると、平均するとなんと

「え?そんなしょーもないマグカップ、
買うなら2~3ドル(約200~300円)かな」

といったのに対し、マグカップを持っている学生は、

「いや、このマグカップ、
5.25ドル(約600円)でないと
売らないよ!

となったのです!

でもこの気持ち、あなたもなんとなくわかりますよね!?

 

う~ん、これぞ古代の狩猟民族である我らの恐ろしき呪い
【保有効果】なのです。

そう、「狩った獲物を大事に思う」というのは、
生命の存続に関わる
大事な大事な本能だったのでしょう。

先ほどのゲームを振り返ってみましょう。

ヒューマンMファ君は、この【保有効果】があったために
一度手にした2万円を失わない唯一の方法である
「あえて危険な賭けにでて、2万円を死守する」
道を選んだのです。

リスク

こわっ!

どうです?この理論をそのまま投資にあてはめたら、
とってもリスキーな行動を
とってしまいかねない恐ろしさ

分かっていただけたでしょうか?

この続きは、次回の後編へ。お楽しみに!

投稿者について

マネーリテラシーアドバイザー・薬剤師EMIKO
薬剤師。薬局・病院などを勤務後、現在、子育て中のアラフォー主婦。2005年、中村芳子『20代の今、やっておくべきお金のこと』を読み、ファイナンシャルの世界に入門。2014年より米国ETFを中心とした海外投資で運用中。損得に一喜一憂しない「行動ファイナンスを前提としたインデックス海外投資」を提案する。趣味は古今東西の19世紀末~20世紀初頭の文化・様式・芸術の研究。新聞の文芸欄掲載多数。

お金の教養講座

【第17回】誰でも豊かで幸福になれる方法を説く本多静六

【第17回】誰でも豊かで幸福になれる方法を説く本多静六

今回からは、 シリーズで戦前の大富豪本多静六 に焦点を当てながら お金とは? ということについて考えていこうと思います。 参考図書はこちら⇓ 『私の財産告白』本多静六(著) 実業之日本社文庫   初回でも申し上げたように、 本コラ...
More

MRの質を上げる影響言語

これでクロージングが強くなる!MRが『決断する判断軸』を見抜くこと

これでクロージングが強くなる!MRが『決断する判断軸』を見抜くこと

このセッションを開いて頂きありがとうございます。 MRとしての質を上げる!「影響言語」の使い手   Nです。   前回の 「周りの先生が使い出したら使う」 と言う顧客対応について 多くの反響いただきありがとうございます。...
More
Return Top