MRファーマシスト

全国のMR経験薬剤師が作る転職応援サイト

薬局経営に関するレポート配布中!

MRがコンフォートゾーンを飛び出す重要性

今回はコンフォートゾーンについて書きたいと思います。
日本語で『快適な領域』でしょうか。

MRファーマシストの加納です。

自分の快適な領域で過ごすことって
ストレスもなくて大事ですよね。

でもそのままでは将来どうなるでしょう??


≪この内容はメルマガ配信の内容から抜粋しています。≫
≪メール講座の登録はお済ですか?下記リンクよりアドレスのみの簡単入力≫
≪無料で誰でも薬局経営のことがわかります!≫

fottermail


 コンフォートゾーンを少し飛び出す意義

その状態は
自分の成長を止めていることにも繋がります。

つまり

コンフォートゾーンから抜け出す必要があるんですね。

図で表すとこのような感じです。

fdb399e0

つまり

ラーニングゾーンに自分を置くと成長のスピードが高まるんですね♪

私はこの話を聞いたときに
当てはまることがたくさんありました。

例えば・・・

私は通勤に車を使っていました。
薬局まで1時間くらいかかります。

私は車の1人の空間が好きなんです。
その反面
電車の『人がたくさんいる空間』
が嫌いでした。

MRあるあるですかね??

私にとっては
車通勤がコンフォートゾーンだったんですね。
(感じ方は人それぞれです。)

しかし今は電車通勤に変えました。
理由は電車で本が読めるからです。

初めはやはりイヤな感じはあったのですが
慣れてくると普通になり違和感がなくなり
本を読むペースも上がりました。

コンフォートゾーンが少し広がったんですね。

学生時代から国語が苦手な私が
メルマガやミクスのコラムを書くのも
1つのゾーンを出た行動だと思っています。

あなたもコンフォートゾーンから
外にでるような行動していますか??

コツは少しだけ飛び出すことです。

図の外枠のパニックゾーンまで飛び出すと

逆にストレスフルな生活になり

マイナス効果になりますからね・・・

極たまにパニックゾーンで成長する人もいます。

それは?

 


おっす!オラ ゴクウ!!
イッチョヤッテミッカ!!!

確かにとてつもない成長をしていきますが

普通の方にはオススメできない成長モデルですね笑

コンフォートゾーンを少し飛び出すこと

いつもの毎日に

ちょびっとした刺激を入れていきましょう。

共感した方に最もオススメな記事はこちら

人生の転機 vol.3

ご案内

私がこのサイトを立ち上げた理由

コミュニティサロン始めました!!
一期(いちご)サロンとは?【会員制コミュニティ】

メルマガ登録数300人超えました♪登録無料です。
たった10日間で薬局経営脳を学べる無料メール講座

人気記事セレクション

1位 独立開局を夢見る方へ・・

2位 必見!MR向けメルマガを集めてみました!~まとめ~

3位 2016年調剤報酬改定をMRファーマシストなりに考察する~その1~

4位 MRの転職市場について聞いてきました

LINEスタンプいかがですか?

MR向けLINEスタンプ 使用回数【TOP5】07女性MR向けLINEスタンプ使用回数【TOP5】
13世界に1つだけの『かかりつけ薬剤師』LINEスタンプ発売!!
43

投稿者について

いちえ薬局 代表取締役当サイト管理人加納 裕介
製薬会社のMRとして8年勤務した後、2010年に薬剤師に転職。
2015年4月 株式会社ケイファーマ 代表取締役に就任。
現在は滋賀県近江八幡市の『いちえ薬局』を経営し、地域医療に奮闘!

今までに培ってきた経験を生かし、MR・薬剤師業界に新しい風を起こしたいと妄想中!!このサイトを立ち上げた管理人でもあります。
【管理人の転職ストーリーはコチラ】

コメントはこちら

*
*
* (公開されません)

お金の教養講座

【第23回】大正時代の家計簿から分かること その②

【第23回】大正時代の家計簿から分かること その②

主婦向け雑誌の『主婦の友』 大正6年3月創刊第一号にある家計簿紹介を 以前コラムで紹介しました。 (前回のコラムは、こちら) 今回はその第二弾として、 再び当時の経済状況を読み解いていきましょう。 アラフォー世代の祖父母が生まれた時代、 人...
More

MRの質を上げる影響言語

これでクロージングが強くなる!MRが『決断する判断軸』を見抜くこと

これでクロージングが強くなる!MRが『決断する判断軸』を見抜くこと

このセッションを開いて頂きありがとうございます。 MRとしての質を上げる!「影響言語」の使い手   Nです。   前回の 「周りの先生が使い出したら使う」 と言う顧客対応について 多くの反響いただきありがとうございます。...
More
Return Top